資産運用の情報が満載!

投資相談のデメリット

投資相談のデメリット 定年退職などでまとまったお金が入ってきた場合まず銀行に預けますが、現在そこでの預金の利子はとても低くなっています。
何とかしてお金を増やしたい場合、考えられる方法の一つが投資です。
しかし初めて投資を行なう場合、何をどう撰べばよいのかわからないということが多く、つい銀行や証券会社が行なっている投資相談に目が向いてしまいがちです。
ここでは投資について初心者にもわかりやすく説明してもらえますが、デメリットもあるので注意が必要です。
それは投資相談という名目で販売したい商品を売ろうとしていることが少なくないからです。
時には人気のない売れ残った商品を売りつけられる恐れもあります。
投資を行なう場合、利益があがるか損失がでるかは専門家でもわかりません。
投資の初心者ならなおさら知らないことが多いと思います。
ですからもし投資について相談したい場合は信頼できる人を選ぶことが大切で、高い利益が上がることだけを強調するような人や相談会は避けることが賢明です。

手数料無料の投資相談サービスを活用する方法

手数料無料の投資相談サービスを活用する方法 銀行の預貯金の金利が低くなっている中で、本格的に投資をして資産を増やしたいと考える人々も増えています。
独立系のファイナンシャルプランナーの投資相談サービスを利用する方法もありますが、1時間当たり5000円程度の手数料が必要になるのが一般的です。
しかし銀行や証券会社などの窓口を訪れると、無料で一人一人に合った商品を紹介してもらえます。
特に証券会社の店頭では様々な株式の個別銘柄の資料も提供してもらえるので、本格的に資産運用を行う場合にも役立ちます。
一方で初心者が投資相談をしたいときには、日ごろから取引のある銀行を活用するのが理想的です。
銀行を訪れる人の多くが投資のビギナーなので、初心者向けの金融商品を紹介してもらえるメリットもあります。
とりわけインデックスファンドを積み立てて長期的に運用するのが、初心者に最適な投資のスタイルです。
更にネット証券では人工知能を使った相談も受け付けており、様々なファンドを組み合わせて安定した運用を行うこともできます。